息子が入院した話

NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑧
【出産・妊娠・入院レポ】

新生児期に見られる周期性呼吸とは?原因は?

新生児期から乳幼児期にかけてよく見られる症状で、数秒から十数秒呼吸が止まってしまう現象のことを言います。

この症状は呼吸中枢の未熟性によるものと考えられており、ゆえに未熟児に多く見られます。

徐脈やチアノーゼを伴わず、感染症、脳の異常、呼吸器の異常がない場合は生理的なものと考えられ、治療は行いません。

通常は生後二、三か月で消えていきます。確認できている範囲だと最長でも四か月ほどのようです。

無呼吸発作との違いは何?

一般的には呼吸が止まっている秒数で分けられます。

周期性呼吸→10秒~15秒間の呼吸停止。

無呼吸発作→20秒以上続く呼吸停止。または20秒未満でも徐脈(不整脈の一種)やチアノーゼ(酸素欠乏症)を伴うもの

無呼吸発作と乳幼児突然死症候群(SIDS)の関係性

赤ちゃんの無呼吸発作と乳幼児突然死症候群には関係性があると言われています。

特に赤ちゃんが自発的に呼吸できない場合です。

大人だと想像しにくいかもしれませんが、緩やかに呼吸が停止し、そのまま呼吸をすることなく眠るように心臓が止まってしまうケースがあります。

それを阻止するには24時間体制で誰かが見守り、呼吸が止まったと思ったら背中や足をさすったりして刺激を与え、呼吸中枢を覚醒させる必要があります。

しかし一般的な家庭でそれを行うのはまず不可能です。

赤ちゃんに無呼吸症候群の兆候が見られたら、すぐに病院へ連れて行ってあげてください。それから医師の診断を受けましょう。

入院することになるかもしれませんが、モニターをつけた状態で24時間看護師さんが診てくれている病院の方がはるかに安心です。

 

⇐前の話に戻る  次の話を読む⇒

マンガの続きはこちらから

【産前】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話①

【産前】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話②

【産前】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話③

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話④

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑤

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑥

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑦

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑧ ←今ここ

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑨

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑩

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑪

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑫

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑬

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑭

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑮

【産後】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑯

【後日談】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑰

【後日談】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑱

【後日談】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑲

【後日談】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話⑳

【後日談】NICU(GCU)に息子が二か月間入院した話㉑

 

▽ポチっとよろしくお願い致します▽
にほんブログ村 子育てブログへ