息子がNICU(GCU)に2ヶ月間入院した話

息子がNICU(GCU)に2ヶ月間入院した話①
【出産・妊娠・入院レポ】

突然の妊娠糖尿病宣告

この検診の日までは本当に順調でした。赤ちゃんはすくすくと成長し私自身も特に問題なく過ごしていたのです。

身体には何の変化もありませんでしたが、私に下された診断は「妊娠糖尿病」。この日から糖質と塩分を徹底的に控えました。

ほとんど味のないものを食べる日々。私だけのことで済むなら問題ありませんが、私とは違う命にその業を背負わせるわけにはいかないと思ったからです。

妊娠糖尿病になるとどうなるのか

妊娠糖尿病になると母子ともに様々な合併症を引き起こしてしまいます。

お母さん→妊娠高血圧症候群、羊水量の異常、肩甲難産、網膜症・腎症およびそれらの悪化

赤ちゃん→流産、形態異常、巨大児、心臓の肥大、低血糖、多血症、電解質異常、黄疸、胎児死亡など

検索すれば出てくるリスクの数々。

私自身のことよりも、とにかくお腹の赤ちゃんのことが心配でした。目に見えないから余計にです。

赤ちゃんにどうか何もありませんように、それだけを考え、最大限努力しました。

 

次の話を読む⇨